投資した不動産賃貸物件を自分で管理する場合のコツ

不動産投資と言えば、何もしなくても入居者がいればとりあえず収入になるという考で始めるきっかけになることがあります。実は、そのメリットの裏にもデメリットが潜んでいます。投資した不動産賃貸物件を管理するには、自分で管理する場合と専門の管理会社に依頼する場合があります。小さな規模であれば、自己管理も目が届きやすく、その分管理がしやすいことになります。大きくなればなるほど、また築年数が経てば経つほど、あちこちに支障が出始め、修理費も加算されてきます。家賃収入の範囲で、それらが納まれば問題ないのですが、時代の流れとともに旧様式から新様式に変えなければならないなど、思わぬ大工事になってしまったりする場合もあります。また、クレームなどの対応も24時間体制で行わなければならず、精神的肉体的な負担にも成り得ます。その他、空き室状態が続いたり、家賃滞納者が増えたりなど、収入を宛てにする以前の問題になってしまったりすることもあります。むしろ、そういった場合は、専門の管理会社に依頼したほうが良い場合もあり、自己管理の難しさを表しているようです。このように、投資した賃貸物件を自己管理するならば、目の届きやすい規模の物件をお勧めします。

セミナールームを千代田区
で貸し出し中です

バーチャルオフィス 東京
03番号の支援も行っています

香川県 家

デザイナーズ物件
飯田橋付近で特集を組んでいます

最新記事